ブルーレイDVD変換『一番速いブルーレイをDVDにコピーする方法』

blu-ray_to_dvd

一番速いブルーレイからDVDへのコピーソフトで、ブルーレイからDVDへコピーし、ブルーレイをDVDへ圧縮します。
ブルーレイからDVDへ変換してコピーすることは多少可笑しいと思われますが、ブルーレイはDVDよりメリットが多い:画面の品質もアップしましたし、音声の品質も高めました。それだけでなく、他の特徴も一杯あります。ブルーレイなら、一つのディスクで50GBの情報を保存できます。DVDの場合は8GBしかないです。
なぜブルーレイからDVDへ変換してコピーするのでしょうか。この文書を読みましたら、ブルーレイをDVDディスクに変換して保存することもいいことと賛成するかもしれません。

なぜ、ブルーレイをDVDへ変換してコピーする?

80%のDVDの持主がDVDのコピーをします。ブルーレイの場合も同じでしょうか。ただし、ブルーレイプレイヤーは何千ドルが掛かります(パソコン用の無料ブルーレイソフトはここへ)、ブルーレイを焼くのも又何百ドルが必要です。ブルーレイのコピーはコストが高い。それで、ブルーレイをDVDに変換することが理解できるでしょう。空白のDVDは20ドル以下の値段で、DVDを焼くのも一般的なDVDドライブでできますので、別の費用が発生しません。

VHSからDVDへ切替の時、テープをたくさん集まった方々に対しては大変でした。今はそのような辛さを体験しなくても大丈夫です。なぜなら、ブルーレイのプライヤーで標準DVDの再生も問題ないですから。実はブルーレイを楽しんでいる皆さんもDVDを楽しんだ方々でしょう。ブルーレイからコピーしたDVDはBDプライヤーでまだ再生できます。そして、HDTV(720p, 1080i, 1080p)ではなく、EDTV(480P)の時は、ブルーレイでもDVDと同じレベルと同じです。この時はブルーレイから変換したDVDとブルーレイとは実は区別もないです。もし、ブルーレイプライヤーもHDTVも揃った時も、BDからDVDへ変換してコピーする理由は幾つかあります。まず、ブルーレイ焼く装置はかなり高いです。そして、ブルーレイをAVCHD DVDへ変換するなら、1080PのフルHD品質も確保できます。ブルーレイプレイヤーでも再生できます。

ブルーレイとDVDの比較

コスト:ブルーレイのコストは高いです。プレイヤーで200ドルぐらいで、映画などは25ドルぐらいです。
デジタルバックアップ: AVI、MP4などのフォーマットならDVDでバックアップできますが、50GBぐらいのBDなら、ブルーレイをMKVフォーマットにするのは唯一の方法です。
ロードタイム: ブルーレイのロードタイムは長いです。ブルーレイが初めて出た時、映画一つのロード時間は3分間以上です。今は随分速くなったが、DVDと比べ、まだ長いです。ブルーレイをDVDへ変換しますと、ロード時間が短くなります。時間の節約だけではなく、プレイヤーの寿命にもメリットがあります。
携帯性:DVDプレイヤーではブルーレイの再生はできないので、時には困ります。

ブルーレイをDVDにコピーする方法

ブルーレイからDVDへ変換してコピーというのはブルーレイをDVDディスクへ圧縮することです。なぜなら、ブルーレイはDVDより容量が大きいからです。ブルーレイコピーで、ブルーレイを高速で、高品質で圧縮することができます。これからブルーレイコピーで、ブルーレイをDVDへ変換する手順を説明します。このプロフェッショナルのソフトでは、ブルーレイをDVD-9/DVD-5などへ高品質の圧縮ができます。

事前準備
ソースのブルーレイディスク、ブルーレイリコーダードライブ、パソコン、空白のDVDディスク、パソコンにブルーレイコピーをダウンロードしてインストール。それらを揃いましたら、ブルーレイをDVDへ変換してコピーしましょう。

Leawo Blu-rayコピー 体験版(無料体験):
     

 ステップ1: ブルーレイディスクを添加
ソースのブルーレイディスクをブルーレイドライブに挿します。ブルーレイコピーを起動します。「ブルーレイ/DVD 添加」をクリックしまして、ソースのブルーレイディスクをディスクドライブから添加します。

ステップ2: コピーモードを選択
左下のプロセスリストパネルでは、DVDの出力タイプを空白のDVDのタイプに応じで選択します。ブルーレイからDVDへのバックアップでは、フルムービのコピーは対応できませんので、ご注意ください。マインムービーモード又はカスタマイズモードの選択のみは可能です。マインムービーモードの場合、一番長いタイトルを自動的に選択してコピーします。カスタマイズモードでは、使用者が指定したタイトルをコピーします。

ステップ3: その他の設定
大きい青色の「コピー」ボタンをクリックしますと、サイドバーが現れます。そこで、三つの設定が必要です。コピー位置、ディスクラベル、と保存位置です。別のDVDドライブとブルーレイリコーダードライブが有る場合、空白のDVDディスクをDVDドライブに挿して、DVDドライブを「コピー位置」と設定しますが、もし、ブルーレイドライブが一つしかないなら、「コピー位置」を「ISOファイル」と設定します。「ディスクラベル」と「保存位置」は使用者の都合で設定します。以上の設定が完了しましたら、サイドバーの「コピー」ボタンをクリックします。

ステップ4: ISOファイルをDVDディスクへ書き込み。
一つのブルーレイリコーダードライブしかないとき、まずステップ3でISOファイルとコピー位置を設定しましたが、ISOファイルを作成しましたら、ブルーレイコピーをもう一回起動して、「ブルーレイ/DVD」ボタンの隣の下向けの矢印をクリックして、「ISOファイル添加」を選択して、作成したISOファイルを添加して、DVDディスクに焼きます。ソースのブルーレイディスクを取り出して、空白のDVDディスクをブルーレイリコーダードライブに入れます。そこで、「ISOファイル添加」画面の更新ボタンをクリックして、空白のDVDディスクを「コピー位置」と設定します。そこで、「焼く」ボタンをクリックします。

ブルーレイからDVDへバックアップのソフトを選択するコツ

ブルーレイからDVDへコピー/変換のソフトはブルーレイをDVDへ変換コピーする時は重要な役割が持っています。実用で、効率的で、ローコストのブルーレイからDVDバックアップソフトを選択する時は以下のコツがあります。

ディスクの解読能力:多数のブルーレイディスクが暗号化され、リージョンコードがあります。著作権を保護するため必要なものですが、すでに購入した方々、かつ商用為ではない場合、通用はしないです。ここで、ブルーレイからDVDへバックアップする時、解読の要求が出てきました。

ブルーレイ/DVDからフォルダ又はISOファイルのバックアップ:ブルーレイ/DVDからフォルダ又はISOファイルへのバックアップ能力も重要です。特にISOイメージファイルの方で、ブルーレイのバックアップの品質の高さが見えます。

ISOからディスクへのバックアップ: ネットからISOファイルをダウンロードして、それをディスクへ保存することができます。ISOファイルを空白のディスクに焼く必要が出るかもしれません。ブルーレイからDVDバックアップソフトの時、パソコンが一つのブルーレイリコーダードライブしかないとき、この機能は特に重要です。

ブルーレイ圧縮能力: ブルーレイからDVDへのバックアップはブルーレイからDVDへ圧縮と同じです。圧縮の速度と品質は高いほど高い方がよいです。

ムービーだけのバックアップ: ムービーだけのバックアップはスペースの節約です。マインムービーだけをバックアップするのは時間と空間の節約です。

ブルーレイからDVDへバックアップの速度: ブルーレイからDVDへのバックアップはどれだけの時間が必要でしょうか。ブルーレイコピーを例とします。このソフトなら、 NVIDIA CUDA, AMD APPとIntel Quick Syncなどのアクセレーターを使用していますので、かなり速い速度で短い時間でバックアップができます。

値段: ブルーレイからDVDへのバックアップソフトを選択する時、値段は一つ重要な項目です。

Leawo Blu-rayコピー購入
一年ライセンス | 価格:5550円 | 割引: 40% | 値引き価格:3330円
永久ライセンス | 価格:12340円 | 割引: 40% | 値引き価格:7404円
一年購入永続購入

評価: 4.9 / 5 (327評価)
By |